コラム|小倉南区で歯科をお探しの方はそね歯科クリニックまで

診療時間
8:00~13:00
14:30~18:00

★:水曜、土曜は8:00~13:30
休診日:日曜、祝日
祝日がある週は、水曜もしくは土曜の午後に
臨時診療を行う場合があります。

〒800-0224
福岡県北九州市小倉南区
東貫2丁目18-27

tel. 093-474-0001
insta
  • インスタ
  • 地図
  • メニュー

歯周病で歯を失う理由とは

日本人が歯を失う原因の第一位は、「むし歯ではなく歯周病」です。

 

意外に思われる方も多いかもしれませんが、歯の喪失という点においては、歯周病の方が注意すべき病気といえるのです。

 

今回はそんな「歯周病によって歯を失う理由」をわかりやすく解説します。

 

日本人の約8割がかかっている病気

歯周病は、「沈黙の病気」と呼ばれるように、自覚症状に乏しい病気です。

 

そのため、歯周病の症状に気付いて治療を受けている人はごく一部といえるでしょう。

 

そうした性質もあってか、日本人の成人の「約8割が歯周病」にかかっているといわれています。

 

これはとても深刻な数字ですよね。

 

歯を支える組織を破壊

歯周病は、歯茎が赤く腫れ、ブラッシング後に出血が認められるだけの病気ではありません。

 

進行すると歯根膜や歯槽骨まで感染が及び、「歯を支える組織全体が破壊」されてしまうのです。

 

その結果、歯が抜け落ちる、あるいは歯科処置によって歯を抜かなければならなくなります。

 

重症化する前に治療を受ける

歯周病は、「歯肉炎(しにくえん)」と「歯周炎(ししゅうえん)」の2つに大きく分けることができます。

 

軽度の歯周病である歯肉炎の段階なら、細菌感染や炎症も歯茎だけにとどまっているので、歯を失うようなことはありません。

 

歯周病を完治させるのも比較的容易になります。

 

ですから、歯周病はできれば歯肉炎の段階で治療を開始するようにしましょう。

 

ただし、冒頭でも述べたように、歯周病は自覚しにくい病気ですので、「定期的に歯医者さんにチェックしてもらう」ことが大切です。

 

定期検診やメンテナンスを受けることで、歯周病の早期発見・早期治療が可能となります。

 

まとめ

このように、歯周病が進行すると歯周組織が破壊され、歯を失うこととなります。

 

そうならないためにも、日頃のセルフケアを徹底すると同時に、プロフェッショナルケアも受けるようにしましょう。

 

当院までお越しいただければ、適切な処置を実施いたします。