コラム|小倉南区の歯医者|そね歯科クリニック

診療時間
8:30~13:00
14:30~18:00

休診日:日曜、祝日
祝日がある週は、水曜もしくは土曜の午後に
臨時診療を行う場合があります。

〒800-0224
福岡県北九州市小倉南区
東貫2丁目18-27

tel. 093-474-0001
insta
  • インスタ
  • 地図
  • メニュー

2023.03.16
【予防歯科】予防はこれからの時代の新常識!痛くなる前に歯医者を賢く利用しましょう

こんにちは。   小倉南区東貫の「そね歯科クリニック」です。     皆さんの歯医者へのイメージはどんなものでしょうか。   もし、「歯医者さんは、痛みがでたら行くところ」だと思っている方がいれば、そのイメージはこれから変えていったほうが何かとお得です。   治療から予防へ、これからのお口の健康に対する常識を変えていきましょう。… 続きを読む

2021.04.15
子どもの歯の予防ケア

子どものむし歯は「進行しやすい」「永久歯に悪影響を及ぼす」といった特徴があり、できるだけ予防することが望ましいです。   そこで当院では予防中心の小児歯科治療を実施しております。   ここではそんな「子どものむし歯を効率的に予防する方法」をわかりやすく解説します。   歯科医院でフッ素塗布を受ける むし歯予防にフッ素が有効であることは、皆さんもご存… 続きを読む

2021.04.07
マイクロスコープを活用した精密な歯科治療

当院では、むし歯治療や歯の根の治療である根管治療などに、「マイクロスコープ」を活用しております。   根管への精密な処置が可能となり、治療の成功率も大きく向上します。   今回はそんなマイクロスコープを活用した歯科治療についてわかりやすく解説します。   マイクロスコープとは? マイクロスコープとは、「歯科用に改良された医療用の顕微鏡」です。 &n… 続きを読む

2021.03.17
子どものむし歯を放置するリスク

子どもの歯は、いつかすべてが大人の歯に生え変わります。   そのため、「多少むし歯になっても問題ない」、と考える方もいらっしゃいますがそれはとても危険なことです。   なぜなら、子どものむし歯を放置することで、「永久歯の発育や歯並びに大きな悪影響」が及ぶからです。   今回はそんな子どものむし歯を放置するリスクについてわかりやすく解説します。 &n… 続きを読む

2021.03.03
歯医者嫌いにさせない小児歯科治療

お子さまの歯科治療でお悩みの方は、ぜひ当院までご相談ください。   当院では、お子さまが歯科治療を怖がらないよう、さまざまな点に配慮しております。   今回はそんなお子さまを「歯医者嫌いにさせない」小児歯科治療について、わかりやすく解説します。   いきなり治療から始めない 当院の小児歯科では、初めてきたお子さまに対していきなり歯を削ったりするよう… 続きを読む

2021.02.24
乳歯はむし歯になりやすい

小さなお子さまがいらっしゃるご家庭では、お口の健康に細心の注意を払うようにしましょう。   子どもの歯は「むし歯になりやすい」だけではなく、「進行するのも早い」です。   しかも、重症化すると次に生えてくる大人の歯にさまざまなトラブルを引き起こします。   そこで今回は、子どもの歯で気を付けるべき点についてわかりやすく解説します。   乳… 続きを読む

2021.02.10
入れ歯治療の流れ

一般的なむし歯治療は、むし歯になっている歯質を削り、詰め物や被せ物を装着することで完了します。   一方、失った歯を補う入れ歯治療は、もう少し複雑な治療過程が必要となります。   今回はそんな「入れ歯治療の流れ」をわかりやすく解説します。   カウンセリング・検査・初期治療 当院では、患者さまそれぞれにぴったりの入れ歯をお作りするために、「丁寧なカ… 続きを読む

2020.11.19
入れ歯の種類について

入れ歯には、「部分入れ歯」と「総入れ歯」の2種類があります。   今回はそんな入れ歯の種類や特徴についてわかりやすく解説します。   部分入れ歯とは? 部分入れ歯とは、文字通り部分的な歯列の欠損を補う入れ歯です。   「1~複数本の歯の喪失」に対応することができます。   人工歯と義歯床、残存歯に固定するクラスプから構成されています。患者… 続きを読む

2020.11.03
失った歯をそのままにするとどうなる?

むし歯や歯周病、外傷など、歯を失う原因は人それぞれです。   失ってしまったものはもう仕方がないので、「どのように欠損部を補うか」を考えましょう。   ブリッジや入れ歯、インプラントなど、失った歯を補う選択肢はたくさんあります。   その中で、「何もしない」ことを選ぶとどうなるか気になりますよね。   かみ合わせが悪くなる 私たちの歯は、… 続きを読む

2020.10.15
歯周病が全身の病気のリスクになる?

重症化した歯周病は、歯を失う原因になるだけでなく、全身の病気のリスクも引き上げます。   今回はそんな「歯周病と全身疾患との関連」をわかりやすく解説します。   歯周病菌が血流に乗って全身へ 「歯周ポケット内で歯周病菌が繁殖」すると、その一部が歯ぐきの血管を経由して全身を巡るようになります。   それが各臓器へと影響を与え、さまざまな全身疾患の発症… 続きを読む
1 2